つみき

住宅ローンを整理する

つみきと紙幣

新生活までの流れ

リストラや離婚による収入減、世帯主の入院や親の介護など、住宅ローンが返済できなくなる状況はさまざまです。福岡では投資マンションの空室が続き、家賃収入が途絶えて返済が滞るケースも増えています。このような場合には早めに任意売却の手続きを取ることが、その後の生活再建の助けになります。福岡で任意売却をするには、まず専門の不動産業者に相談する必要があります。ローンの残った住宅を勝手に売買することはできませんから、普通の不動産業者では対応できない場合がほとんどです。専門業者はローンの残高や不動産の価格を調査し、任意売却が可能と判断すれば媒介契約を結びます。地元の情報に強いのは福岡の業者ですが、専門業者であれば地域にこだわる必要はないでしょう。契約を結んでから売買が成立するまでは、すべて基本的に業者任せとなります。購入者を探すのはもちろんですが、銀行などの債権者に任意売却を認めてもらわないと売買は成立しません。この交渉が難しいポイントで、業者の実力が問われるところです。時間がかかると競売になってしまい、安く買い叩かれる恐れがあるため、素早く動けるかどうかも大切です。売買が成立したら代金を決済し、引っ越して新生活を始めることになります。ローンの残高と売却代金との差額は借金として残りますが、無理のない範囲で毎月返済していきます。任意売却ができる業者は福岡にも幾つかありますが、実力や意欲は業者ごとに異なるので、まずは電話やメールで話を聞いてみましょう。